葬儀が開かれるまで【宗派ごとの違い】

葬儀はその家の宗旨によって形式が決められます。自分の家が属するお寺や神社、協会などをあらかじめ調べておく必要があります。臨終となった場合には葬儀社を探すとともに、優先的にそれらの宗教施設へ連絡して枕経の準備を整えましょう。
しかし、所属する宗派の宗教施設が遠方にあり、直接誰かに来てもらうことが難しい場合もあります。そんなときは葬儀社のスタッフさんに相談をしてみることで、近くの同じ宗派のお寺や神社を紹介してもらうことができます。枕経のときには仏式の場合には僧侶によって仏名を与えられます。これは宗派によって付け方の方式が異なってくるので、お願いする宗派は必ず間違えないようにしましょう
問題になるのが、故人が親族などとは全く違う宗教を信仰していた場合です。また、生前に葬儀の方法について定めた遺言などがある場合も、型通りの葬儀方法では行うことはできません。できるだけ、故人の意向を尊重するようにし、遺族の都合だけで執り行われないようにすることが望ましいでしょう。その場合、無理に仏名をつけようとはせずに、俗名のままで式を行うことにしておくことになります。
準備が整ってきたら、次は親戚や親しい友人などに速やかに通知をします。昔ながらの風習では、目上の人への葬儀の通知は二人の使者をたてるようにされていましたが、現在ではスピードや実務性を重要視する方向になってきているため、特にこだわりがない場合には他の人と同じく電話を用いてもよいでしょう。